メガネ・サングラス・光学機器の輸出入・卸のメガネ商社

サイトマップ 03-3831-1131
SILHOUETTE FLAIR vanessa&mehdi KOALI seeoo MARIE CLAIR HABIBI seasons Prince modern times Julbo bx
フレア

 

 

ブランドの成り立ち

1946年、創業者のオイゲン・ベック氏は、広大な森の広がるドイツ・ヴェストフェリア地方にプラスチック工場を設立。同工場で同時にメガネの製造を始めた。1960年代に入ると、息子のライナー・ベック氏の尽力により“フレアー”ブランドは確立。オリジナリティーに溢れるメガネを数多く発表し、以来、フレアーは半世紀以上にわたり、ファッションリムレスフレームのパイオニアとして世界中に多くのファンを獲得している。

 

フレア

 

デザインの理念や哲学(コンセプト)

他の追随を許さない斬新なデザイン性と、重さを感じさせない快適な掛け心地を特徴とするフレアーのメガネは、最高の品質とファッション性を兼ね備えたメガネを作り出すことを一貫したポリシーとする職人たちのこだわりによって生み出されてきた。機械化による大幅なコストダウンと大量生産が進むなか、フレアーは現在でも、その大半のメガネを伝統的なハンドクラフト工程によって1本1本大切に作り続けている。

 

最近作のデザインのテーマ

ネジ類を用いず、特殊なナイロン糸でレンズを縛って固定する斬新な構造が特徴的 なフレアーの代表的なアイウェアコレクション“PURE(ピュア)”。最近作においてフレアーでは、この“PURE”シリーズのニューラインナップとして、専用工具を用いてレンズ側面に内向きのカットを施し、そこにテンプルを嵌め込む大胆なデザインが大きな反響を呼んでいる“Vカット”“Uカット”“凹(スクウェア)カット”コレクションを中心に、より多彩で創造性に富んだ新作を展開している。

 

フレア

 

PURE(ピュア)

フレアーの代表的なアイウェアコレクション“PURE”は、歯科やインプラントなどの医療分野で開発された特殊なステンレス合金“バイオスティール”を素材とする。ニッケルを一切含まないノンアレルギー物質である“バイオスティール“は、抜群の形状安定性と対腐食性、加えてチタンの約2倍もの弾力性を有し、何より軽量性に優れ、フレーム重量約2.4gという驚異的な軽さを実現している。レンズの固定には、専用に開発された特殊なナイロン糸を用いるため、ネジ類が視界に入らず、広く快適な視野の確保を可能にする。素材の安定性により、フレームの最細部は0.8mmの細さにまで加工され、透明感のあるスタイリッシュな軽さの印象を強調する。

 

COUTURE(クチュール)

掛ける女性の魅力を最大限に引き出す官能的なジュエリーコレクション“クチュール(Flair Couture)”。砂打ちなど高度な技術を要する表面処理を施されたフレーム本体は、あたかも貴金属のような輝きを放つ。装飾のアクセントには、最高品質のスワロフスキークリスタル“シグニティ(Signity)”を使用。シグニティ社は、スイスのチューリッヒに本部を置き、世界18カ国に支社を持つ世界最大の宝石研磨会社で、天然宝石のほか、キュービックジルコニアを中心とする合成宝石を供給している。その宝石素材は世界中の多くの有名ブランドに使用されており、精密に計算されたファセットの幾何学的配列と、高度なカット技術に定評がある。炎のようなきらめきと、最良の光の分散を産み出す理想的なプロポーションを持ったシグニティストーンの輝きは、ヨーロッパを中心に多くのファンを魅了してやまない。

 

TITAN(チタン)

フレアーのアイウェアコレクション全ラインナップの約2割を占めるチタン製フレームは、唯一の国外製造品として、日本の工場で作られている。これは、他国のメーカーや商社がプロダクトした製品に“FLAIR”の商標のみを用いた、いわゆる“ライセンス商品”ではもちろんない(フレアーの全フレームの設計とデザインは、ドイツ・フレアー社専属のデザイナーに拠る)。チタン製フレームに関してのみ、フレアー社が国外に製造を受託する理由は、チタン材の加工に関して、日本の眼鏡工場が世界最高の水準を持つことに依る。人件費が比較的安価に済む他のアジア諸国ではなく、敢えて日本での製造にこだわる所以である。    エレガンスラインを中心とするチタンフレームのコレクションは、多色七宝を用いた繊細で華やかな装飾性と、日本の職人の手になる品質の確かさに定評があり、フレアーのアイウェアコレクションの中でも、つとにそのシェアを拡大しつつある。